レッドブル・アスリート

フリースタイルフットボーラー

徳田耕太郎(TOKURA)

「トクラ」の愛称で親しまれる徳田耕太郎は、小学校6年生でサッカーを始めるが、けがのため3年でフィールドを離れることに。その頃「NIKEフリースタイルフットボール」という本に出会ったトクラは、フリースタイルフットボールという競技に魅せられ自らもパフォーマンス活動を始める。2年後には「Team-Lingo」というフリースタイルフットボールチームのリーダーを務めるまでとなり、2009年には全日本大会「Red Bull Street Style Japan Final 2009」で大会史上最年少の17歳にして優勝。翌年の「Red Bull Street Style World Final 2010」に日本代表として出場するが、世界の壁は厚く惜しくも予選敗退。しかし、この経験を活かし更なるレベルアップを図ったトクラは、「Red Bull Street Style World Final 2012」で最高のパフォーマンスを魅せ、ワールドチャンピオンとなる夢を叶えた。国内外のワークショップやTV・メディア等に多数出演中。

TICKETS