スポーツブランディングジャパン株式会社

代表取締役社長

日置 貴之(MODERATOR)

「スポーツで社会の課題を解決する」を事業ミッションとして2009年にスポーツブランディングジャパンを設立。国内外、プロアマを問わず、数多くのスポーツ団体やチームに対し、幅広い事業支援を行なっている。大学を卒業後、株式会社博報堂に入社。その後FIFA MARKETING AGにて2002 FIFA WORLDCUP KOREA/JAPANのマーケティング業務に従事した。2004年には北海道日本ハムファイターズの本拠地移転に伴うブランディング業務、2006年にはIBAF野球北京オリンピック予選大会の放送とマーケティングの責任者を務めた。現在はNFL、UFC、ESPN、Blizzard EntertainmnetのESPORTS の日本における事業パートナーとして放映権販売、デジタルメディア、ソーシャルメディア、イベントの運営や事業コンサルティングサービスを提供している。2009年よりプロアイスホッケーチームのH.C.栃木日光アイスバックスの代表として破綻寸前のチームの再建に携わり、現在では観客動員No.1の強豪チームへと成長させた。2014年より東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の要請で、2006リオオリンピック・パラリンピックにて閉会式のフラッグハンドオーバーのプロデューサーも務めた。新規事業として2017年にスポーツのライブ中継を制作、配信、権利販売を行う会社を設立し、すでに300試合近い配信実績を持ち、AIカメラやトラッキングデータ、ライブコマースなど新しい技術やサービスの開発にも取り組んでいる。

TICKETS