オットーボック・ジャパン株式会社

代表取締役社長

渡辺 佳明

2003年、オートボック・ジャパン株式会社にフィナンシャル・コントローラーとして入社。経理や経営における長年の経験が同社での出世に繋がっている。2013年、日本における義肢・装具市場でトップのポジションを維持したことを称され代表取締役社長に就任。 30年以上パラリンピック推進活動の中核にいるオットーボック社。パラリンピックの最も古いパートナーとして、1988年ソウルパラリンピックからその技術でパラリンピックを支えてきた。誇りをもってこの歴史を継承し、2020年東京パラリンピックでもすべてのアスリートを支援する。

TICKETS